住む前にトラブルを未然に防ぐチェックポイント

2014-1-10

夫婦として長く幸せに暮らすための条件とはなんでしょうか?整った環境や設備、充実したインテリア・家具などもとても大切なことです。生活の中で起こり得るトラブルを防ぐこともまたとても重要なことです。住む前にチェックをして未然に危機を回避してしまいましょう!


1.ゴミって意外と問題になりやすい!

人が生活していれば必ずゴミは出ますよね。一戸建てでもマンションでもゴミに関するトラブルはとても多く、意外に根が深い問題に発展しやすいといわれています。基本的には決められた曜日であったり、仕分けが出来ていればトラブルにはなりにくいでしょう。ただ、注意しなくてはいけないのが周辺住民や管理組合による「独自のルール」がある場合です。マンションであれば組合が何らかのルールを設けていることがあります。特にリサイクル意識が高いところでは、自治体のゴミ収集以上に仕分けをしないといけないこともあります。たとえばペットボトルをしっかり洗う、フタを取る、段ボールは○○四方に折る、衣服のゴミは金具までしっかり分別するなど細かいルールがあるかもしれません。郷に入っては郷に従えということで面倒ですが守るようにしていきましょう。


2.子供がいる場合はここに注意!

お子さんがすでにいらっしゃる、近い将来に子供が欲しいという夫婦であれば「子育て環境」への配慮も必要ですよね。学校や公園などの公共施設のチェックはもちろん、近隣には同世代のお子さんがいるかどうかもとても大切なポイントです。 また意外と怠りがちなのが事件事故へのチェック。大人からしてみればなんのことはない道路でも、子供の目線からすれば危険な交差点である場合もあります。近所で大型犬を飼っていたり、放し飼いでの散歩をさせるような環境だと噛みつきの危険もありますよね。どんなことが子供にとってトラブルになるかはわかりません。住む前に、周辺の道や施設などを自分の足で歩いてチェックしてみてください。お子さんの命を守るのは親の注意力の高さですよ!


3.治安の良し悪しをチェックするいくつかの方法

いくら注意していても、空き巣や放火など外部からの被害は起こる可能性があります。少しでも安全に暮らすために、治安の良し悪しをチェックすることも大切です。 まずチェックしておきたいのは周辺に交番などがあるかどうかです。やはりお巡りさんの存在は犯罪者たちにとって一番のけん制になりますからね。次に周辺道路や施設・駐車場などのゴミ状況も確認しましょう。街の綺麗さは周辺住民のモラルの基準になります。駐車場にゴミが溜まっている、道路にタバコの吸い殻がたくさん落ちているという環境はあまり治安の良い場所とはいえません。同じように街灯が壊れていたり、道路ミラーが割られているといった場所は明らかに治安の悪い街です。夫婦の、家族の安全を守るためにも絶対に住むのを避けるようにしましょう。

幸せな家庭を築くには、周囲のトラブルを未然に防ぐことからはじまります!しっかりとチェックして、住みよい環境で暮らしていってくださいね!

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.