子供の運気が良くなる風水

2014-4-18

■子供の健康運がアップする風水

お子さんが健康で明るく生活してくれることが親としては一番うれしいものです。さらに共働きのご夫婦の場合、子供が健康であればどちらかが仕事を休まなければならない場面も減ることでしょう。

健康を左右する場所で一番大切なのはトイレです。風水では鬼門(東北)にあるトイレは健康に悪影響を与えるといわれています。また、トイレには是非、窓を付けて光が入るようにしてください。天気の良い日は窓を開けて換気をすると尚よいでしょう。

トイレもまた掃除が大切です。どうしても鬼門にトイレを設置しなければならない場合は、丁寧な掃除と換気を徹底します。窓がない場合は換気扇を回しっぱなしにすることをおすすめします。

盛り塩も健康運をアップさせるのに役立ちます。鬼門のトイレに盛り塩をするのもおすすめですし、玄関や部屋が欠けている場所(真四角でない部屋)にもおすすめします。海水から採った天然の粗塩を使い、最低でも月2~3回は交換してください。運気が下がっていると感じる場合はもっと頻繁に換えたほうがよいでしょう。

■集中して勉強できる子供部屋

せっかく立派な勉強部屋をつくったのに一向に机に向かわない、そんな悩みを抱える親御さんも多いかと思います。やる気の出る言葉がけや、モチベーションアップのための方法もいろいろありますが、ここでは風水学的に勉強に向かいやすい部屋についてご説明いたします。

まず、子供部屋として向いているのは、やはり明るい東や東南、南側の部屋です。男女の違いもあって、男の子は東北も吉、女の子は東南がベストです。
近頃はやりのロフトタイプの部屋は風水ではタブーとされています。ロフトはもともと、物を置く場所なので、子供が自立しづらいといわれています。

また、学校の人間関係がよくないと成績にも影響します。いじめの問題や友達ができないなどの悩みがあるお子様には、パワーをもらえる東南の部屋を与えてあげるとよいでしょう。

子供部屋では家具の配置も重要です。勉強机は北向きに置くと集中力がアップし、勉強がはかどります。勉強机のまわりにはなるべく物を置かないようにします。机の上に本棚がついていると気が散りやすいので、なるべく本棚は別に設けた方がよいでしょう。
ベッドは東側に頭が向く位置に置くと、太陽のパワーを取り込むことができ、運気がアップします。

最後に、きれいな部屋は風水の基本なので、子供がかたづけやすい部屋にすることも重要となります。

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.