キッチンとEDの意外な関係とは?

2013-09-06

仕事が終わった夫が一日の疲れを癒す、奥さんの美味しい手作り料理。食は夫婦生活ならではの幸せを感じる大切なものですよね。実は食事は性生活にも大きな影響があるということを知っていましたか?キッチンとEDの意外な関係をみていきましょう!


■生活の基盤は食!

衣食住というように、生活において住居とともに食はとても大切なポイントですよね。日々の疲れを癒したり、明日への活力となる食事は何よりもこだわりたいところです。野菜やお肉・お魚などバランスの良いご飯を食べることで肥満を防ぐことはもちろん、健康に長生きするための体がつくられます。
毎日の食事を作るというのは実は大変なことだったりします。パートナーによっては好き嫌いもあるでしょうし、時には面倒だからとちょっと手抜きをしたりもあるでしょう。若いうちは多少バランスが悪くてもなんとかなるものです。ただ年齢が進むと、からだと食生活に気を使わないといろいろな問題が起きてしまいます。


■生活習慣病って恐ろしい!

日々の生活、特に食事が不健康だと「生活習慣病」にかかってしまう恐れがあります。糖尿病や脳卒中、心臓病に高血圧などに影響がおよぶわけです。実は日本人の死因の3分の2は生活習慣病が発端となっているといわれています。バランスの悪い食事が続けば積もり積もって生活習慣病をわずらい、死へとつながる大きな原因となりえるわけです。たかがキッチンでの出来事とはいえ、命にかかわる問題に発展してしまう可能性があります。


■性生活にも大きな影響を与える!?

夫婦の命に大きくかかわる日々の食事。実は生命の営みともいえる夫婦の性生活にも重大な影響を与えるかもしれません。特に男性の場合は生活習慣病とEDに密接な関係があります。勃起とは海綿体に血液が流れてくることで硬くなり膨張することをいいます。たとえば糖尿病をわずらって血管に傷がつけば、ペニスへの血流が悪くなりEDとなる恐れがあるわけです。他にも高脂血症などの場合でも血中の脂質が血管につまってしまうため、海綿体の膨張・硬化を妨げます。生活習慣病とEDはイコールとは言い切れないものの、大きく関係していることは間違いありません。
カキ(牡蠣)とED|ED改善にオススメの男アイテム!


■夫婦にとってこんな食事がいい!

勃起にはよどみない血流と、十分な血液量が重要です。日々の食事でもそのメカニズムを理解したバランスを取ることが大切です。たとえばサラサラ血液のために野菜は必ず摂るように心がけましょう。血液の量を増やすためには適度な肉・魚の摂取も必要です。脂質の摂りすぎも生活習慣病の原因の一つです。余分な脂分を避けるためにお肉なら脂身はそぎ落としたり、赤身のものを選びましょう。また魚の油分は排出されやすいので意識的に摂ってみてください。

毎日の食事で将来の健康を生み出す!キッチンは夫婦の命と性生活を守る砦ということを意識して美味しいご飯をつくってくださいね!

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.