観葉植物で運気アップ

2016-02-01

風水的に、観葉植物は良い気を取り込むと言われています。また、観葉植物は部屋の淀んだ空気や悪い気を吸い取る役割を果たしてくれます。基本的に、植物の姿と葉の形でそれぞれの観葉植物の性質が異なりますので、知識を身に着けてから取り入れていきましょう。

植物の姿

植物の姿ですが、葉が上に伸びているものは「陽」の気を放ちます。「陽」は活発な気として知られています。反対に、葉が下に垂れ下っているものは「陰」の気を放ちます。「陰」と言っても悪い意味合いではなく、気を穏やかに優しく沈めてくれる効果があることで知られています。

葉の形

鋭い葉は鋭い気を放ちます。ベッドや椅子といった、人がよく居る場所には置かないようにしましょう。反対に、丸い葉はリラックス効果をえられますし、気を落ち着かせて穏やかにしてくれる効果がありますので、人がよく居る場所に置くこともおススメです。

初心者でも育てやすい観葉植物

初心者でも育てやすい観葉植物としましては、ポトスやアイビーなどがあげられます。ポトスにはさまざまな品種があることで知られています。自分自身を活性化させるのに有効で、南西に置くことをおススメします。アイビーは、ツルが上向きに伸びていくので「陽」の気を放つ観葉植物で、浴室やトイレに置くことをおススメします。金運アップ効果があることでも知られているアイビーは、とても丈夫なことでも知られていて、初心者におススメの観葉植物です。

金運アップに繋がる観葉植物

金運アップに繋がる観葉植物としましては、アイビーの他にもいろいろありまして、パキラやガジュマル、モンステラなどがあげられます。パキラは金運の他にも勉強運や仕事運もアップすると言われています。ガジュマルは多幸の木とも言われていて、西や北西、北に置くと更に効果がアップします。モンステラはハワイアン柄としても有名です。小さい葉はハートの形をしていることもあり、金運だけではなく恋愛運もアップします。
いずれも枯らしてしまっては効果が半減してしまいます。丈夫で育てやすいタイプではありますが、枯らさない様に気を付けましょう。

観葉植物の置き場所ですが、部屋の隅は気が停滞しやすいので、観葉植物を置いて停滞するのを防ぎましょう。また、家具の角は鋭い気を発しているため丸い葉の観葉植物を置いて和らげることもおススメです。他にも窓辺にサボテンを置くと防犯対策の気を放つことや浴室に観葉植物を置いて余分な水を吸い取ってもらい陰気になることを予防するなど、日常的に実践出来そうなことばかりです。
気というのは目に見えないものですし、信じるかどうかはその人次第ではありますが、観葉植物を置くというのはヒーリングの効果もありますし、おススメです。せっかく置くなら風水的な効果も高まるように置いて運気アップに繋げましょう。
また、観葉植物を置くとお部屋の雰囲気がガラリと変わりますし、室内がなんとなく寂しい時など、インテリアとして置く感覚で観葉植物を取り入れてみてはいかがでしょうか。 運気アップに癒し、インテリアとしての役割も果たしてくれる観葉植物をぜひ日常の空間に取り入れてみてください。

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.