おしゃれでお得なジェネリック家具を活用しよう!

2013-11-05

■ジェネリック家具ってどんなもの?

ジェネリックと言えば一般的には医薬品を思い起こされる方が多いでしょう。ジェネリック医薬品は特許の切れた薬品を同じ成分と効能で他の会社が製造・販売するものです。
先発品より安く購入できるので、患者の負担が減らせることがメリットです。
最近ではED治療薬のバイアグラもジェネリックの対象となりました。

家具の分野でもジェネリック品が存在します。意匠契約の期限が切れたデザイナーズ家具を他社が製造・販売しています。そのような家具はリプロダクトとも呼ばれます。

ジェネリック家具は、20年以上前に発売された製品が多いようですが、優れたデザイナーズ家具は今でも人気があり、憧れの対象となっています。しかしオリジナル品はライセンス料がかさむことと高価な素材を使っているなどの理由で、かなりの高額商品となっています。

それがジェネリック家具となると、かなり安く手に入れることができるようになりました。 例えば120万円のソファと同じデザインのものが20万程度から買えるなど、今まで手の届かなかったデザイナーズものとそっくり同じものが購入しやすくなっています。

ジェネリック家具は、違法なコピー品とは異なり、意匠権の切れたデザインを復刻版として再現したものです。オリジナルの家具とは素材や色の違ったものも製造されています。

1つのデザインを複数の会社が製造しているので、それぞれ素材や色や値段が異なります。
最新の技術を加えてより使いやすくなっているものもあります。

■ジェネリック家具を購入するには?

ショップで直接見て購入する方法と、通信販売で購入する方法があります。ショップでは実物を見て触れて品質を確認することができるので安心です。ショップが遠くて買いに行けない方はネットで注文するのが便利でよいでしょう。

ネット販売の場合は販売元の情報がしっかり開示されているか確認しましょう。連絡先にちゃんと電話がつながることや、メールでの問い合わせに迅速な返事がくること、YAHOOなどの大手ショッピングサイトに掲載されていることなどを確認すると安心です。

ジェネリック家具については品質についての基準がないので、中には安くても品質の悪いものがあります。返品保証や保証期間が付いているかどうかをしっかり確認してから購入しましょう。

新しい家を華やかにしてくれるデザイナーズ家具。ジェネリック品をかしこく利用して憧れのインテリアを手に入れてみませんか?

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.