今、リフォーム技術が格段に上がっています!

2013-09-06

マンションや一戸建て、新築に中古と物件にもいろいろな種類があります。中でもここ数年注目を浴びているのがリフォームです。新築のような新鮮さも味わえるのが人気の秘密です。技術も格段に上がっている現代、これからの生活設計の候補としていかがですか?
参考サイト⇒リフォーム基礎知識 | HOME'Sリフォーム


■新築とどちらが安い?

物件を一から建てるのと改装・改修するのはどちらがお得なのでしょうか?価格だけでいえば、基本的にはリフォームの方が費用を抑えられます。新築の場合は基礎からすべて作り直すわけですから、費用はたくさんかかるのは当然ですよね。リフォームの場合は、家の枠組み自体ができているのであとは中身だけの作り替えです。
柱や板など再利用可能なものがあれば資材の節約にもなります。また工事期間も新築に比べて短い点も見逃せません。リフォームはトータル的に見てお安くなるのは間違いありません。


■まだまだある改装・改修のメリット

他にもリフォームにはメリットがあります。物件の一部のみの改装であればそのまま住みながらということも可能です。新築だと建て終るまではどこかに引っ越しておかなくてはいけませんが、一部リフォームなら普段の生活を大きく変える必要はありません。建て替えの難しいマンション物件でもリフォームは活躍してくれます。特に古い集合住宅は間取りなど気になるところが多いです。リフォームすることで最新の設備やバリアフリーなど現代の暮らしに適応した住みやすい生活空間を作ることが可能です。


■こんな欠点もあります

もちろんデメリットもあります。古い物件の場合は耐震性に関して不安がありますが、リフォームでは地盤や基礎などには当然手を加えることができません。耐震リフォームで最新の基準に合わせることは可能ですが、多少割高になることは覚悟しておきましょう。できたら補助金などを利用して費用を抑えることを考えてみてください。

また、細かいところですが、水回りやガス管にも注意が必要です。配管はだいたい30年くらいが寿命といわれています。古い物件をリフォームするときにはインフラ管のチェックもしましょう。寿命を迎えていて、漏れや破裂が起これば大損害です。せっかくリフォームで安く抑えたのに、新築の方がけっきょく安かったということもあり得ます。各設備の劣化具合は改修・改装前に調べておきましょう。


■最新のリフォーム事情!

改修・改装の醍醐味は同じ家でありながらフレッシュな生活をスタートできるところです。せっかくなので最新の設備・技術でより新鮮な空気を味わってみてください。
最近流行りなのが『床』へのこだわりです。たとえば床暖房などはいまのリフォームには欠かせない設備のひとつになりました。足元から温めるというのは健康的ですし、暖房費の節約にもつながります。また消音系の技術も見逃せません。集合住宅では騒音は大きな問題です。古い物件に住む人の中には「下の階の人がうるさいからなぁ」と歩く音にさえ気を遣う人もいるのではないでしょうか?最新のリフォームでは床・壁に消音材を噛ませたり、換気扇に消音部材をはめ込むのが主流になりました。また都心部のマンションではダブルサッシなど「外からの音」にも気を使っています。騒音が気にならず、生活音に注意しないような生活。現代ならではのリフォーム事情ですよね。

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.