今時のリフォーム

2016-09-28

住宅は何十年と住んでいると、どこかで必ずリフォームが必要になります。また、中古物件を購入した際にリフォームを施すことになるかもしれません。
最近のリフォーム技術の向上は素晴らしく、住む人の気持ちに配慮されたものが多いと言えるでしょう。将来的に住宅をリフォームする際の知識として、リフォームについて学ぶことをおススメします。最新のリフォーム技術によって時代の移り変わりを感じることかと思います。その技術は住む人が求めているものを一番に考えられたものだと言えるでしょう。


■換気扇

換気扇の掃除は大掃除の中でも手間がかかります。ベタベタになりますし、苦労している方も多いと言えるでしょう。最新の換気扇はレンジフードフィルターを自動で掃除してくれます。月に一回タンクにぬるま湯を入れるとスイッチを押すだけでフィルターを洗ってくれる優れもので、洗剤不要で使うぬるま湯も少量で済むため節水にも繋がります。これがあればあのベタベタで大変な思いをしなくて済むでしょう。


■浴槽

浴槽は毎日洗っていても皮脂汚れでザラザラするものです。最新のリフォームでは、シャワーで流すだけであの皮脂汚れが落ちるタイプのものがあります。コーティングが施されているので洗剤もこすり洗いも必要ありません。コーティングの効果は約5年間なので、期間を過ぎたらまたコーティングをするといった繰り返しではありますが、こすり洗いをする手間が省けるとあって人気のリフォームです。


■フローリング

フローリングを放置していると、5年を過ぎたあたりからくすみが目立ってきたりするものです。ワックス掛けを行うにしても、重労働なので高齢になってからは特に負担に感じると言えるでしょう。最新のフローリングリフォームは、表面に加工が施されたフローリングです。ワックス掛けをする必要がありませんし、水や洗剤、アンモニアにも強いため、トイレにも使用可能なフローリングとして話題を集めています。


■トイレ

トイレ掃除は毎日行う必要がありますし、怠ると梅雨時などは数日でさぼったリングがでてきます。これが続くと汚れが落ちなくなる可能性がありますので、気を付けなくてはなりません。
最新のトイレとしましては、自動で掃除をしてくれるタイプのものがあげられます。ポケットに洗剤を入れておくだけでいい便器は、ここ数年の人気商品だと言えるでしょう。多少の掃除は必要ですが、かなりラクだと言えます。

最近のリフォームの傾向としましては、掃除が少しでもラクになるようなものを取り入れていく傾向にあると言えるでしょう。こういったリフォームは高齢になった時など非常に助かりますし、働いている人や忙しい子育て世代にとってもありがたいと言えます。
家事をラクにすることは専業主婦の場合は特に気が引ける思いかもしれませんが、住宅を長期に渡って良い状態を保つためにも、状況に合わせて最新のリフォームを施していきましょう。昔では考えられなかった技術ですので贅沢な気がするかもしれませんが、時代の流れとして受け入れ、可能な限り取り入れてみてください。そうすることによって気持ちにゆとりが生まれて、生活がより充実したものになることでしょう。

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.