リフォームと建て替えはどっちがお得なのか?

2019-06-18

家族構成の変化や住宅の経年劣化により、自宅をリフォームせざるを得ない状況になることも。そんな時に覚えておきたいのが“リフォーム”と“建て替え”に必要となる予算感です。ここでは、それぞれの明確な違いと共に、どちらが最終的にお得となるのかご紹介いたします。

リフォームの明確な定義とは?

リフォームとは、住宅の基礎部分を残して部分的に改築や修繕、増築を行う工事をいいます。屋根や外壁など、ピンポイントに手を加える部分リフォームから、基礎部分以外の全てを一新するフルリフォームまで、その種類は様々です。

最近では“リノベーション”という言葉をテレビなどで耳にする機会が多いかと思いますが、こちらもリフォームの一種。建物を解体撤去してから新しく内部を作り直すリノベーション物件も、年々人気が高まっているのです。

建て替えの定義とは?

リフォームが住宅基礎を残しつつ改築・修繕していくのに対して、基礎部分も含めて手を加えるのが“建て替え”です。住宅の建て替えを行う場合、基礎部分も取り壊し、一から作り上げていく工事を行います。

とはいえ、住宅の全てが建て替えできるとは限りません。建築基準法に定められた土地でなければ建て替えすることはできないため、もし検討しているのであれば、自宅が建て替え可能な物件なのか事前に確認しておく必要があります。

それぞれのメリットとデメリット

リフォーム最大のメリットとして、必要な部分だけ手を加えられることや、工期が建て替えに比べて短いことから、コスト面に優れていることが挙げられます。また、不動産所得税や固定資産税など、各種税金を軽減することも可能です。

もちろんデメリットもあり、住宅の劣化が激しい場合は、補修費用が想定以上に掛かってしまうことも。あくまでリフォームなので、建て替えに比べると選択肢が少なく、細かい部分の注文が多ければ多いほど、追加費用が掛かるので注意しましょう。

立て替え最大のメリットは屋根や外壁、水回りはもちろん、部屋の間取りさえ自由に作り直せることにあります。リフォームに比べると手続きも簡単で、一度に組めるローンの金額も大きいため、長い目で見た時に得をするケースが殆どです。

とはいえ、上述で触れているように工期が長かったり、全体的なコストが割高となりやすいデメリットもあります。加えて各種税金が掛かり、建築基準法によって定められた住宅でないと申し込み自体ができないこともあるので、業者とよく相談する必要があります。

結局どっちがお得なの?

“お得”という観点からいえば、リフォームに軍配が上がるのは間違いないでしょう。もちろん住宅の状態や、今後の生活設計、予算などを考慮して選択する必要がありますが、コスト面だけでいえばリフォームの方が優れていると断言できます。

実際に自宅を建て替えるとなると、仮住まいを探す必要もありますし、引っ越し費用だけでそれなりの金額になってしまうことも。部分リフォームであれば普段通り生活することができるため、予想外の出費を限りなく抑えることが可能です。

とはいえ、立て替えにもメリットは多数ありますから、総合的に判断してどちらが適しているのかよく考えてみましょう。詳しくは施工業者や識者にご相談を。業者選びも重要なので、インターネットの口コミサイトなどを利用し、事前に情報を集めてから問い合わせることをオススメします。家族との住まいをより良いものにするため、機会があったら検討してみてください。

Copyright© 住宅から考える生活設計の勧め All Rights Reserved.